皆さまこんばんは。総合探偵調査さくら探偵事務所大阪支社でございます。
今日は、「ストーカー対策」です。

1999年(平成11年)、埼玉県桶川市にて「桶川事件」が発生し、この事件を契機として2000年に「ストーカー行為等の規制等に関する法律」いわゆる「ストーカー規制法」が施行されました。その後、何度かの改正によりストーカーに対して警察での規制は厳しくはなりました。

ストーカー行為とは、特定の者に対する好意の感情またはそれが満たされなかったことへの怨恨の感情をもって「つきまとい等」を反復する行為の事です。
「つきまとい行為」は以下の8パターンがあります。
1、つきまとい・待ち伏せ・押しかけ・うろつき
2、監視していることを告げる行為
3、面会・交際等義務のないことの要求
4、乱暴な言動
5、無言電話・連続電話、FAX・電子メール・SNSへのメッセージ連続送信等
6、汚物等の送付
7、名誉を傷つける行為
8、性的羞恥心の侵害

もし、こういった被害に遭われている方がおられましたら是非、ご相談を頂ければと思います。
ストーカー被害を、「ストーカーにつけられている」、「ストーカーかもしれない」など曖昧な情報だけでは警察も動きにくい事もありますので、是非確実な「証拠」を掴むためにも我々のような探偵事務所を使うことは非常に有効手段だと思います。

ストーカー行為がエスカレートする前に早めに解決しましょう。当社では、被害に遭われている方々が安心して生活が送れるように全力でサポートをさせて頂きます。
まずはメールでの無料相談はこちらから。

総合探偵調査さくら探偵事務所大阪支社
 〒532-0003
 大阪府大阪市淀川区宮原1-2-5-1003
 TEL&FAX 06-7161-8546