みなさまこんばんは。総合探偵調査さくら探偵事務所大阪支社でございます。
本日は、現在社会問題になっている「盗聴」、「盗聴器発見調査」についてです。

 

 最近、テレビでも何度となく放送されておりますが「盗聴器」は誰でも簡単に入手することが出来るため、一般的に出回っており身近なトラブルとなる事が多くなっております。
 
 盗聴とは、一般的に何らかの機器を使用して他人の会話・生活音などを盗み聞きとる行為の事ですが、日本では盗聴器自体を「販売・購入・設置」、「盗聴電波の傍受」だけでは罪に問える法律はなく、盗聴器を仕掛けて盗み聞きすること自体の法律の規制はありません。
 ただ、盗聴器を仕掛けるために他人の住居に侵入した場合は「住居侵入罪」、住居内の家具や家電を破損させると「器物損壊罪」、盗聴した内容を第三者に漏らすと「電波法」、知りえた情報で脅したりすると「恐喝」、つきまとえば「ストーカー規制法」で罪になります。

 日常生活の中で、次のような違和感を感じたり普段と様子がおかしいと思うことがあれば注意が必要です。

 〇一人暮らしを始めたとき(引っ越しをしたとき)
 〇同居人と別居したとき
 〇知りえない情報を第三者が知っている
 〇身に覚えのないものが部屋にある
 〇室内のものがいつもと違う場所にある、だれかが侵入した形跡がある

 少しでも、様子がおかしいと感じるときは自分自身のプライバシーを守るためにも一度調査をすることをお勧めいたします。

 盗聴器の仕掛けられやすい場所は、電源タップ・コンセント・電源コード・電話機・パソコン・家電などやぬいぐるみ・文具・雑貨、また部屋の中だけでなく車内や電気メーター・ガスメータにいたるまで様々な場所に仕掛けられます。

 もしかして盗聴されいるかも?と思ってもむやみに周りの人には安易に相談しない方がいいかもしれません。何故なら、盗聴器を仕掛けているのが身近な人の可能性が高いからです。

 ここまでで、「もしかして?」と思われる方は是非一度、総合探偵調査さくら探偵事務所大阪支社にご相談ください。ご相談、お見積りは無料でございます。

総合探偵調査さくら探偵事務所大阪支社
〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原1-2-5-1003
TEL&FAX 06-7161-8546

 メールでもご相談を受け付けております。